スキンケア

美白成分とは?シミやソバカスは出来る前に予防が大事

投稿日:

美白と聞いてどんな印象をお持ちですか。美肌の為に美白化粧品もいっぱい販売されています。

同じ美白化粧品でも種類がいっぱいありますがどんな種類があるのでしょうか。

気になったので少し調べてみました。

美白有効成分とは

美白化粧品には厚生労働省によって認可された成分の配合が必要です。

「メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを防ぐ」などの効果が認められた成分です。

これを「美白有効成分」と言います。

「美白有効成分」の効果も大きく分けることができます。

「できてしまったシミやソバカスを改善する効果」
「シミやソバカスができないように予防する効果」の2つです。

「美白有効成分」にはどういった成分があるのでしょうか。

・アルブチン

皮膚に優しい植物由来の成分です。
シミやソバカスなどの予防に効果があります。

・ビタミンC誘導体

不安定で肌に浸透しにく成分のビタミンCを浸透しやすくしてくれます。

・プラセンタエキス

新陳代謝をうながして肌を改善してくれます。

・トラネキサム酸

シミやソバカスなどを予防してくれる効果があります。

・コウジ酸\

シミやソバカスなどをおさえる効果があります。

他にも認可された成分を合わせると全部で20種類くらいあります。

シミやソバカスは出来る前に予防が大事

シミやソバカスはなぜできるのでしょうか。日焼けをするとできますよね。

ではなぜ日焼けをするとできるのでしょうか。

紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞が働きます。

メラノサイトはチロシナーゼという酵素を活性化させます。

チロシナーゼはチロシンというアミノ酸をメラニンに変えます。

肌を黒くして紫外線から守ろうとするのです。

普通は日焼けをしても、新陳代謝で黒い皮膚ははがれ落ちていきます。

ところが新陳代謝がうまく行かないとそれがシミになってしまうのです。

シミ対策にはメラニンを作らないようにするのが一番ですね。

そのためには紫外線対策は必要ですが年齢を重ねたりストレスも影響するんですよ。

それじゃどうしようもないじゃないと思われるかもしれませんね。あきらめるのは早いですよ。

シミになる前にメラニンがたくさんできないようにすれば良いのです。

メラニンができるのをおさえてくれる美白有効成分を利用してみましょう。

ビタミンC誘導体とプラセンタエキスは先に紹介しましたね。 他にも良い成分があります。

ハイドロキノン

肌を白くする効果が期待できます。チロシナーゼという酵素の働きをおさえてくれます。

L-システイン

肌の新陳代謝をうながし、メラニン色素を薄くする効果が期待できます。

年を重ねるのを防ぐことは無理ですね。

日頃のストレスや日焼けを防ぐことは無理ではないので、美白有効成分を上手に利用してみましょう。

それぞれの肌に合う美白化粧品

美白にはやっぱり予防と対策が必要です。

できてしまったシミは目立たないように対策をすれば良いのです。

肌の新陳代謝をうながしてくれるプラセンタエキスや4MSK配合の化粧品も有効です。

ハイドロキノンやビタミンC誘導体配合の化粧品も良いでしょう。

ところが、少し残念なことにこれらの成分は絶対に誰にでも効果があるわけではありません。

どの化粧品にも言えることですが誰にでも合うわけではありません。

彼女には効果があったから私にも効果があるとは限らないのです。

ただ自分に合う成分はきっとあるはずです。

自分自身にピッタリの美白有効成分を探してみるのも、楽しみのひとつですね。

最適なシミやソバカスの予防法は?

ところで年を重ねてもシミやソバカスの少ない人はいますね。日焼けをしてもシミのできない人もいます。

現代はストレス社会と言われているのにシミやソバカスどころかきれいな白い肌をしている人がいます。

エステで特別なスキンケアをしているのでしょうか?必ずしもそうとは限りません。

きっと肌の新陳代謝が上手くいっているのでしょう。これまで紹介した美白有効成分は素晴らしい成分ばかりです。

ところがいくら優秀な成分でも肌の新陳代謝が正常でなければ効果は半減です。

最も効果が期待できる対策は自分自身の肌の状態にあった美白有効成分を使用しながら、肌の新陳代謝を正常に戻してあげることではないでしょうか。

この2つを同時におこなうことが一番の美白への近道ではないでしょうか。私の肌ではもう遅いとあきらめる必要はありません。

肌は日々生まれ変わっているのです。毎日のケアできっと良い結果が得られることでしょう。

-スキンケア

Copyright© アテニアクレンジング , 2018 All Rights Reserved.