クレンジング

お肌に適したクレンジングのタイプと特徴とは?

投稿日:

クレンジングは化粧品に含まれる油分の汚れを落とすものというイメージですが最近ではすっぴんの日でも何気なく外で過ごせば車やバイクの排気ガスや自分の皮脂など「油性の汚れ」が肌に付着することが指摘され、よりクレンジングの必要性が高まっています。

普通の洗顔ではこの「油性の汚れ」は落とせません。水と油を乳化して混ぜ合わせる力がある非イオン性界面活性剤を含むクレンジングオイルなどを使用して、油分と水分をなじみやすくしてから洗い流すことで、肌から「油性の汚れ」を落とします。

お肌に適したクレンジングのタイプ・特徴とは?

現在では女性の肌質に合わせて様々なクレンジング製品が販売されています。ですからどの美容成分のクレンジングが自分の肌に良いのか見極めないといけません。

まずはクレンジングの成分・タイプの特徴からチェック♪

クレンジング剤にも油性成分や界面活性剤のバランスで様々なタイプに分類されています。クレンジングには、主に以下のタイプがあります。

クレンジングのタイプ

オイル、リキッド、クリーム、ミルク、ジェル(水性、油性)、ウォーター&シート

他にもマスカラなどピンポイントでメイクを落とすアイメイクリムーバー

石けんの清浄力とクリームの皮膚保護機能を兼ね備えているクレンジングフォームなどもあります。

それぞれのクレンジングに配合されている成分も肌質や使用目的によって違います。

濃いメイクにはオイル、油性ジェルタイプが適していて薄いメイクにはクリームやミルクタイプが適しています。

メイクを落とす洗浄力が強いものは肌細胞への負担も大きいのでご自身の肌に合ったクレンジングやメイク方法が重要です。

肌に合ったクレンジングは肌トラブルの予防に繋がります。

クレンジングオイルの特徴

界面活性剤を使用し油分をベースにして作られたクレンジングで肌になじませ、化粧品や毛穴に詰まった汚れなどを浮かせて洗い流せます。

忙しかったり、しっかりと濃いメイクをしている方には洗浄力の強いクレンジングオイルが向いています。

しかし洗浄力が強いと必要以上に皮脂も落ちてしまい乾燥しやすく肌への負担が大きいです。

リキッドクレンジングの特徴

リキッドクレンジングは水分をベースにして作られたクレンジングです。

肌表面の皮脂を取り過ぎないので、肌の乾燥を防げます。

肌になじませたりコットンでメイクを拭き取る事もできます。

洗浄力はジェルタイプと似ていますがゲル化剤をいれてないのでサラサラした感触になっています。

クリームタイプの特徴

油分が多く洗浄力もありますが界面活性剤は少なめでしっとりとして肌に優しいです。

水性成分で油性成分を包む技法を利用していてクリームを肌になじませると

手や肌の温度でクリームの水分が蒸発して油性成分になり油性の汚れと絡み合う事で洗い流せます。

クリームを濡れた手で使うと、メイクが落ちにくくなります。

ミルク(乳液)タイプの特徴

肌に優しい分、洗浄力は低いのがミルクタイプの特徴です。

クリームタイプのクレンジングよりも油分が少ないので水に溶けて洗い流しやすいです。

それでも水性のクレンジングジェルよりは油分が多いです。

保湿効果もあり肌への刺激が少なく、濃いメイクだと厳しいですが普通のメイク落としならミルクタイプでも大丈夫です。

クレンジングジェル(水性・油性)の特徴

クレンジングジェルには水溶性と油性のものがあります。

弾力のあるクレンジングジェルは手による肌の摩擦を抑えてくれます。水分が多くみずみずしく感じます。

化粧品をゲル状にするのは手触りが良く吸着性や浸透性が高まるからです。

・水溶性クレンジングジェル

油分を全く含まないオイルフリータイプと少ないですが油分を含んでいるオイルインタイプがあります。

油分が少なくなると油汚れを落とすために界面活性剤の量は増えてしまいます。

界面活性剤だけでは洗浄力は弱いので薄いメイク用のクレンジングです。

・油性クレンジングジェル

油分が多いのでクレンジングオイル同様に洗浄力はとても高いです。

油性のジェルはゲル化剤や保湿成分などで安定させていますが、界面活性剤も多くクレンジングオイル同様に肌への負担も大きいです。

クレンジングウォーター・クレンジングシートタイプの特徴

クレンジングウォーターはコットンやシートに含ませて使用するクレンジングです。染み込ませたコットンで肌の汚れをこすり落とします。

基本的に界面活性剤で汚れを落とすものでアルコールなども含まれていたり、アルコールフリーの製品もあります。

油分なしの界面活性剤頼りでコットンで摩擦も起こるので肌への負担は大きいです。

クレンジングシートタイプも既にクレンジング成分をシートに染み込ませたものを販売しています。

肌質に合ったクレンジングを使おう!肌タイプ別おすすめ

オイリー肌

油分でベタベタしてしまうオイリー肌の方はクレンジングオイルで皮脂をごっそり落としたくなりますが

肌内部のNMF(天然保湿因子)が少ないため肌の乾燥を防ぐために皮脂を多く分泌してしまうのがオイリー肌なので

界面活性剤が多いクレンジングは肌の健康維持に必要なNMF(天然保湿因子)と細胞間脂質を減らしてしまうので避けましょう。

メイクが落ちない場合にだけクレンジングオイルやジェルを使い、普段は肌に優しい保湿タイプを。

混合肌

「混合肌」とは乾燥部分や皮脂量の多い部分と場所によって肌質が違う事を言います。

薄いメイクの場合は肌に優しいミルクやクリームタイプを選びましょう。

気になる部分はクレンジングウォーターやシートでしっかりメイク落としを。

混合肌は肌トラブルになりやすいので負担が大きいクレンジングオイルやジェルタイプは控えましょう。

乾燥肌・敏感肌

界面活性剤を多く使用しているクレンジングは油分の汚れを落とすだけでなく肌の中の細胞間脂質や表面の皮脂膜まで洗い流してしまいます。

細胞間脂質や皮脂幕を失うと肌の水分やNMF(天然保湿因子)が逃げてしまい、更に乾燥してしまいます。

肌に優しいものを使用したいですが濃いメイクの場合は肌トラブルを防ぐために洗浄力も必要になります。

乾燥肌の方は強い洗浄力をもつクレンジングは極力避けて、界面活性剤も少なく洗浄力は高めのクリームタイプが良いでしょう。

敏感肌の方にはとにかく肌優しいクリーム・ミルクタイプが一番です。

-クレンジング

Copyright© アテニアスキンクリアクレンズオイルの最安値は? , 2018 All Rights Reserved.