スキンケア

もう悩まない!冬の乾燥した肌におススメのファンデーションは?

投稿日:

冬の寒い季節になると、お肌の乾燥が気になる方も多いと思います。

乳液とかの重ねづけをしても、なかなか改善されませんよね。

そして、表面が硬くなり、カサカサになったお肌にファンデーションを塗ると、なんとまぁカサカサがより目立つように・・・・。

何とかしたいですよね。

そこで、メイクしながらお肌の保湿もできる、乾燥肌の方に特におススメのファンデーションをご紹介したいと思います。

夏と冬で肌のコンディションは全く違う!

夏と冬ではお肌のコンディションに違いがあります。

まず、はじめに、夏と冬におけるお肌の状態の違いと、影響を与えているものを挙げてみました。

紫外線・・・夏のお肌への影響力が一番あるのがこれです。シワやたるみ、シミ、くすみの原因にもなります。

汗・・・汗をかくことで、お肌の水分や体内のナトリウムイオンが排出されてしまいます。
「汗ゆるみ」といって、筋力がダウンすることもあります。
確かに、疲れも出てくるとは思いますが、朝よりも夕方の方がお肌にハリがなくなっていますよね。

皮脂・・・気温が上がることや、紫外線を浴びることにより、皮脂の分泌が盛んになるのも夏です。特にTゾーンの皮脂トラブルは化粧くずれの原因にもなります。

夏乾燥・・・冷房の長時間の使用はお肌の保水機能の低下につながります。

乾燥:一年の中でも一番空気が乾燥する時期です。肌の水分が奪われてしまいます。

温度:寒くなると毛細血管が収縮し血行が悪くなります。

それにより、肌細胞の活動が鈍り、お肌の代謝がスムーズに行われなくなります。

また、あわせて保水機能も低下してしまいます。

乾燥に加えて、屋外と室内の温度差もお肌へ負担をかけてしまいます。

夏にも冬にも、どちらもお肌の乾燥はあるということが分かりましたが、お肌の状態は随分と違うものです。

状態が違うのに一年中同じスキンケア・メイク用品を使っていてはお肌の老化は防げませんよね。

ファンデ塗るとカサカサ!対処法は?

そこで、ファンデーションでできるカサカサ対策をご紹介したいと思います。

やはり、パウダーよりは保湿力の高い、クリーム・リキッド・クッションファンデーションの3種類がおススメです。

そして、塗るときは手ではなく、ブラシを使用したほうがいいですよ。

ブラシの毛先が、指では届かない毛穴にまでなじませることができます。

クリームタイプ:油分を多く含み、乾燥肌の方にはピッタリです。また、カバー力にも優れているので、シミ対策にもなります。

リキッドタイプ:クリームタイプよりも液状です。お肌への負担が比較的軽いのも特徴です。

クッションタイプ:人気急上昇しているファンデです。美容液とファンデーションが一体となったタイプです。

目的に合わせて選んでみてくださいね。

ファンデのノリをよくするには?

さて、保湿力の高いファンデーションを選ぶことはもちろんですが、出来れば手持ちのファンデで対応できればベストですよね。

パウダーを使っている人も多いと思います。

そこで、ノリをよくさせる方法をご紹介したいと思います。

ポイントは、洗顔後にスキンケアを、

オイル→化粧水→クリームの順に使用し、油分をしっかり補い、肌になじませます。

そして、ファンデーションはリキッドなどと同様にブラシを使って塗るようにしましょう。

こうすると、ヨレがなく綺麗に塗ることができますよ。

スキンケアとファンデーションでの保湿対策で、冬の乾燥に負けない、ノリのいい、ツヤのあるお肌にしてくださいね。

-スキンケア

Copyright© アテニアクレンジング , 2018 All Rights Reserved.