スキンケア

ピーリングの種類と特徴は?効果と使ったほうがいい人は?

更新日:

 ピーリングってどんな美容法?

ピーリングはターンオーバーの乱れにより蓄積した古い角質を落とし、肌の新陳代謝を促進させるための美容法です。

私たちの肌は28日周期のターンオーバーによって、古い肌が剥がれ新しい肌に生まれ変わるのを繰り返しています。

ターンオーバーの機能があることで肌の健康、美しさを保つことができるのです。

しかし、生活習慣や食習慣、肌のトラブルでターンオーバーが正常に働かなくなるケースがあります。

古い角質が溜まるとくすみ、吹き出物、シミ、シワなどの肌トラブルに繋がります。

ピーリングは、古い角質をピーリング剤を塗って強制的に剥がすことでターンオーバーを促し、角質による肌トラブルを予防改善します。

また、古い余分な角質が落ちることで肌は柔らかくなり、化粧水や美容液の成分が浸透しやすくなります。

スキンケアの効果を高める効果にも期待できる美容法なのです。

主なピーリングの種類と特徴

①ケミカルピーリング

クエン酸、リンゴ酸、グリコール酸などの成分を配合した薬剤を塗り角質を溶かしていきます。

ケミカルピーリングはエステサロンや美容皮膚科などで受けられますが、一般向けに成分を調合した市販のピーリング剤もあります。

ただ、市販のピーリング剤は薬剤の濃度を低めにしているのでプロにして貰うピーリングよりは効果が薄いです。

②拭き取り化粧水

コットンに拭き取り化粧水を染み込ませ、肌を拭いて角質を除去するタイプです。

拭き取り化粧水は、洗顔やクレンジングで落としきれなかった皮脂汚れやメイク汚れを仕上げでふき取り肌を綺麗にします。

洗い残しをしっかり拭き取ることで肌の健やかさを保つ効果があります。

コットンに染み込ませて肌を拭く時は力を入れがちなので、力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

肌に強い摩擦を与えると肌に負担をかけて他のトラブルを起こします。

③スクラブ洗顔

洗顔料につぶつぶが入っているタイプの洗顔料のことです。

つぶつぶで肌を擦って削り古い角質を落とす効果があります。

普通の洗顔料を使うよりもしっかり汚れを落とすことができ、さっぱりとした洗い心地です。

ただし、肌を毎日擦り削るのは肌にダメージを与えてしまいます。

肌に日常的に刺激を与えるとシミ、くすみなどの原因になるため毎日は使わないようにしましょう。

洗顔料なので毎日使ってもいいと勘違いしている方が多いです。

ピーリングの効果と使った方がいい人は?

①ニキビ跡やシミが気になる人

ニキビ跡やシミはターンオーバーによって徐々に改善していくことができます。

ピーリングはターンオーバーを早める効果があるので、定期的に行うことでニキビ跡やシミを薄くしていく効果に期待ができるでしょう。

②肌がごわついている人

古い角質が溜まっていると肌は厚くごわごわ、ざらざらとしています。

ごわごわの肌には化粧水や美容液がよく浸透しないため、スキンケアをしているのになかなか肌質が良くならないなどの悩みに繋がります。

ピーリングで古い角質を落とすことで化粧水、美容液がスーッと浸透し保湿効果や美白効果、基礎化粧品の効果をしっかり実感できるようになるでしょう。

③毛穴の黒ずみ、開きが気になる人

毛穴に古い角質が詰まると毛穴が黒ずんだり開いてしまったりします。

定期的にピーリングをすれば毛穴に古い角質が詰まるということを防ぐ効果があるので毛穴の悩みの改善にもおすすめです。

④くすみが気になる人

古い角質が溜まった肌は透明感がなく、どんよりと曇ったような質感をしています。くすみがあると実年齢よりも老けて見えたり、不健康に見えてしまいますよね。

ピーリングで古い角質を落とせば新しい肌が表面に出てくるので、パッと明るく透明感のある肌になります。ピーリングをするとファンデーションの色がワントーン明るくなったという人もたくさんいるんですよ。

-スキンケア

Copyright© アテニアクレンジング , 2018 All Rights Reserved.