スキンケア

肌が潤う仕組みと保湿に必要な成分は?保湿ケアの盲点とは?

更新日:

肌が潤う仕組みとは?

私たちの肌はもともと自らの力で潤いを保持し、適切な保湿状態を維持できる力を備えています、これを肌のバリア機能と呼んでいます。このバリア機能が適切に働いている場合、高い保湿化粧品を使わなくても十分に水分・油分ともに保たれている肌となります。

肌の一番外側に存在する表皮のうち、さらに最も上部に存在する層を角質層と呼びます。

この角質層は、天然保湿因子(NMF)を有する角質細胞、細胞間脂質、皮脂幕により構成されていますが、この3つはどれも非常に重要で、その一つでも不足するとバランスを崩しバリア機能が弱まってしまいます。

天然保湿因子が角質細胞内の水分を保持し、その角質細胞同士の間を埋めている細胞間脂質の働きによって、角質層内に自ら常に適切な水分をとどめておくことが可能になります。

そして肌内部の水分の蒸発を防ぐために存在する、肌表面にはられた薄い膜が皮脂膜です。

これらがバランスよく肌内部、また肌表面に存在することで肌は潤っている状態となります。

逆に言えば、肌内部に天然保湿因子や細胞間脂質が適切に存在していない場合や、皮脂膜がきれいにはられていない状態というのは、どんな高級化粧品を使用してもすぐに乾いてしまう状態です。

つまり正しい保湿とは、一時的に肌表面に保湿力のあるように見せかけたテクスチャーの化粧品をのせたり、油分でべたべたにすることではなく、天然保湿因子と細胞間脂質を補給し、皮脂膜をきれいにはることができるケアの事を指します。

保湿成分の種類

本当の意味での肌の保湿を考えたときに必要な成分は、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質、また皮脂膜を保護する適度な油分です。天然保湿因子は、その半分以上がアミノ酸で構成されています。

アラニン、グリシン、スレオニン、セリン、アスパラギン酸など数多くのアミノ酸から構成されています。

化粧品に使用されるときの成分表示では、天然保湿因子とまとめられずに上記のような単体のアミノ酸名で記載されます。

また、細胞間脂質を構成する成分として主たるものはセラミドです。現在は7種類のセラミドが細胞間脂質の中に確認されています。

このアミノ酸とセラミドは、表皮に存在するため通常の化粧品として肌の上に塗るだけで、十分補給することが可能な成分です。

特に人の肌との親和性が高く、人の肌に存在するセラミドと同じ構造をもつように作られたセラミドはヒト型セラミドと呼ばれ、通常のセラミドよりも保湿効果が高いことで有名です。

保湿ケアの盲点とは?

保湿=化粧水と思われがちですが、あくまでも重要なのは角質層の天然保湿因子と細胞間脂質の維持であり、また水分が必要以上に蒸発しないように肌表面を覆う皮脂膜です。

一般的な水を肌に塗るだけでは、その水が蒸発していくときに肌内部の水分まで一緒に蒸発させてしまい余計乾燥を感じることになります。

これが洗顔後、そのままでしばらく過ごすと肌が乾燥したように感じられる原因です。

化粧水も同様で、いろいろな製法や成分で長いこと肌内部に潤いを感じることのできるような処方にしてあるものが多いですが、結局は水分であり真皮まで届かない以上排せつされていきます。

つまり本当の保湿ケアに必要なのは、天然保湿因子であるアミノ酸と効果性の高いヒト型セラミドを配合した化粧品を使用することです。

これらにより自ら肌内部に化粧水の水分をとどめておけるようになります。

また皮脂膜が荒れている状態では、せっかく補給した水分も蒸発しやすくなるため、年齢や肌質に応じ適度な油分を補給することも大事です。

ただし油分だけで肌の乾燥を抑えることは出来ないため、大事なことは組み合わせることです。

これらを理解せず、一時の保湿を感じられる化粧品に頼った保湿ケアではどんどん肌本来の働きが弱まり、悪循環に陥りがちです。

また、表皮は約0.2mm、角質層は0.02mmとも言われ非常に薄いつくりになっているため少しの摩擦でも荒れたり、刺激になりがちです。

決してこすったり、たたきこんだりしてはいけません。たたくことで肌の奥深くまで染み込むということはありませんのでご注意ください。

化粧品の上手な使い方

ターンオーバーの乱れによる肌悩みがある方、乾燥肌でお悩みの方は化粧品の選び方から見直してみましょう。

巷で有名な保湿成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは本来、表皮よりも下の真皮に存在する成分です。

肌の基盤を支え、健やかな肌を保つためには欠かせない成分ですが、これらは肌表面から直接塗っても真皮までは到達しないと言われています。

化粧品で取り入れる場合には、あくまでも肌表面の角質層での一時的な保湿にしかなりません。

そのためコスメでこれらを取り入れても、肌自らが潤いを保てるようにはならないため塗ったときには潤うものの、しばらくすると乾燥してしまうという悪循環に陥りがちです。

化粧品はあくまでも、健康な肌のサポーターです、まずは規則正しい生活や運動など肌を健康な状態に整えるのが大事です。

その上で自分自身に合った化粧品を使用することが上手な使い方と言えます。

天然保湿因子やセラミドが配合されている、適度な油分を含む化粧品を選んで使用することでより短期間でより健康的な美しい肌に近づくことができます。

-スキンケア

Copyright© アテニアクレンジング , 2018 All Rights Reserved.