スキンケア

日焼けの仕組みとは?正しいケアやっちゃダメなケア方法は?

更新日:

日焼けした小麦色の肌は健康的な印象がありますよね。今は美白ブーム真っ只中ですが小麦肌もまだまだ人気があります。
しかし、日焼けとは一体どのような仕組みで肌の色が濃くなるのでしょうか?

簡単に言うと日焼けは「火傷している状態」です。

それって怪我をしているの?と、ちょっと怖くなりますが太陽光を浴びて肌が黒くなるのは体の防衛反応がきちんと働いている証拠です。

太陽光には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の三種類の紫外線が含まれています。UV-Cはほとんど地球に届かない種類なので、こちらの紹介は省かせて頂きますね。

皮膚は4層構造になっていて、まず角質層が紫外線が肌を通り抜けるのを防ぐバリアになります。ここで弾かれるのは「UV-B」で、「UV-A」は残念ながらそのまま通過し奥の真皮層まで届いていきます。

肌の奥までUV-Aが届くとメラノサイトという組織が活発になり、チロシナーゼ活性酵素という物質を作り出します。

チロシナーゼ活性酵素は体内に存在するアミノ酸の一種のチロシンと合わさりメラニン色素に変わります。紫外線を浴びれば浴びる程メラノサイトの働きは活性化し、肌を黒くする元のメラニン色素が過剰に作られ褐色色の小麦肌が完成するという訳なんです。

日焼けはこの様な仕組みになっていますが、中には肌が痛くなる人がいますよね。肌がヒリヒリ痛くなるのはUV-AではなくUV-Bが影響しています。

UV-Bは肌の奥には届きませんが「サンバーン」という火傷の状態にするため、日焼け止めを使わずUV-Bの影響を受け過ぎると肌が真っ赤になり、酷いケースでは水ぶくれができて激しい痛みを伴います。

日焼けして痛くなる人のタイプは?

肌が痛くなりやすい人の特徴は、当然ではありますが日焼け止めを使わない人です。日焼け止めの「SPF」という数値を見た事はあるでしょうか。

SPFはUVーBを防ぐ効果があります。日焼け止めを使わない方はUV-Bの影響をそのまま受けてしまうのが痛くなる原因です。

そして、日焼け止めを塗っていても

・屋外に出ている時間が長い

・紫外線が強い

・汗や衣服のこすれで日焼け止めが落ちている

このような原因が重なると肌が痛くなる可能性が高くなります。

日焼け後の正しいケアは?

気を付けていてもうっかり日焼けしてしまうことはあると思います。
そんな時でも諦めてはいけません。

①冷やす

始めに紹介したように日焼けは火傷を負った状態です。火傷をした時と同じように、日焼けも冷やして炎症の悪化を防ぐ必要があります。

患部を冷やす時は冷水を浴びたり、氷、保冷剤、濡れタオルを肌に当てる方法があります。

気を付けて頂きたいのは、氷や保冷剤は直接当てると凍傷になることがあるので、必ずハンカチやタオルなどで包んで使用してください。

②保湿ケア

日焼けした後の肌は乾燥していて水分が不足しています。肌は敏感な状態になっているので、なるべく水分を補給することだけを目的にして美白成分入りや色々な成分が入っているものは避け、刺激が少ないタイプの化粧水をたっぷり肌に馴染ませましょう。

また、忘れがちなのは乳液やクリームの使用です。これらの油分は与えた水分が蒸発するのを防ぐ働きがあるので、使わなければ保湿ケアが完璧とは言えません。

③睡眠をとる

日焼けしてダメージを負った肌は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって修復されます。成長ホルモンが分泌されるのは夜の22時から深夜2時とされています。
この時間に熟睡していることで日焼け後の肌を綺麗に治すことができるのです。

日焼け後にやっちゃダメなケア方法は?

①美白化粧品を使う

日焼けには美白化粧品!と、思いがちですが美白化粧品が意外と刺激が強く日焼けした肌には負担になってしまいます。日焼けの痛み、火照りが落ち着くまでは使わないようにしましょう。

②パッティング

化粧水を肌につける時にコットンや手の平でパッティングすると肌に刺激になってしまいます。日焼け後のケアでは化粧水を押し込むようなイメージでハンドプレスしましょう。

③皮を剥く

日焼けをすると皮がめくれてくることがありますが、剥がすと肌に大きな負担をかけてしまうのでめくれてきた皮は剥がさず自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。

剥がす時に健康な皮膚まで剥がしてしまうのが皮膚への負担の原因です。どうしても気になる場合は剥がれている部分だけを眉毛用のハサミなどで切り取ります。

-スキンケア

Copyright© アテニアクレンジング , 2018 All Rights Reserved.