スキンケア

肌が生まれ変わるターンオーバーの仕組みとは?

更新日:

人の肌は目に見える表皮、その下の真皮、さらにその下の皮下組織と分けられ、この3層構造で成り立っています。ターンオーバーはその中でも表皮層で起こるものです。肌を健やかに保つために、表皮では日々新陳代謝が行われていますが、この働きをターンオーバーと呼んでいます。

人の肌は常にこの働きを繰り返し、わずか0.2mmという薄い表皮の中で毎日新しい細胞を生み出し古い細胞を排出しているのです。

肌を構成する3層の内、一番外側にある表皮はさらに4層に分けられます。

一番上から順に角質層、顆粒層、有棘層、基底層と呼ばれます。

一番下の基底層は、さらにその下にある真皮と接触しており、真皮に存在する毛細血管から栄養をもらい、角化細胞を生み出します。

これがいわゆる新しい細胞です。

この生まれたばかりの新しい細胞は約28日という期間をかけてゆっくりと、有棘層→顆粒層→角質層と上に押し上げられていき、最後は垢となって自然に剥がれ落ちます。

つまり次々に生まれてくる新しい細胞が古い細胞をどんどん上へ押し上げていくこと、これがターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりの仕組みです。

ターンオーバーの周期と年齢による違い

ターンオーバーは一般的には28日サイクルで行われるといわれています。

28日間をかけて、新しく生まれた細胞は古い細胞として体外へ排出されます。

基底層で生まれた細胞が有棘層を抜けるまでに約14日、顆粒層、角質層を抜け、角質に変わり垢として剥がれ落ちるまでにまた約14日というのが理想的な日数と言われています。

ただ、人によっては加齢が原因でこの周期は大きく乱れていきます。多くの方は年を重ねることにより、皮膚内部の細胞まで老化が及びます。細胞は老化することにより働きが鈍り、古い細胞を押し上げる力が弱くなってしまいます。

若く健康な人の肌であれば、細胞も活発なため理想の周期で肌の生まれ変わりを行いますが、加齢によりターンオーバーの周期は乱れ、周期が乱れるといつまでも古い角質を肌にとどめておくこととなり、美しく健やかな肌を保つことができなくなっていきます。

28日周期と言われる理想に対し、30代の方であれば約45日、40代の方となると約60日もかかるともいわれています。

肌のバリア機能とは?

表皮の中でも一番上に存在する角質層。この角質層は本来自ら潤いとなる水分を保持し、乾燥や外部の刺激から私たちの肌を守る力を有しています。これが肌のバリア機能と呼ばれる働きです。

角質層は天然保湿因子(NMF)を有する角質細胞、細胞間脂質、皮脂幕により構成されますが、この3つのバランスが適切に保たれることが肌のバリア機能が正常に機能する条件となります。

天然保湿因子が角質細胞内の水分を保持する役割を果たし、その角質細胞同士の間を埋めているのが細胞間脂質です。

天然保湿因子はその半分ほどがアミノ酸で構成されており、角質細胞内に水分をとどめるという非常に重要な役割を果たしています。

またその角質細胞同士をつなぎ、天然保湿因子をしっかり安定させる役割を果たす細胞間脂質も肌内部の水分保持に非常に重要な成分です。

そして肌表面を覆うように膜をはり、肌内部の水分の蒸発を防ぐ役割を果たしているのが皮脂幕です。

これらが適切な状態で保たれることで、角質層内で角質細胞はきれいに一定間隔ですきまなく並び潤いを保ち、肌内部の乾燥を防ぎます。

また皮脂膜が適切にはられることによって、外部からの刺激にも強い肌となります。

天然保湿因子の不足、細胞間脂質の減少、皮脂膜の乱れなどによりバリア機能が低下すると、肌の乾燥を感じたり、肌トラブルが起きやすくなります。

ターンオーバーを正常化するには

肌のバリア機能が正常に機能すれば、私たちの肌は高い化粧品や特別なケアがなくとも、常に健やかに保たれます。

そのためには、ターンオーバーを正常化し、常に新しい細胞が適切に生まれ古い細胞が自然に剥がれ落ちる状態を保つ必要があります。

ターンオーバーはいわゆるやりすぎスキンケアと呼ばれる過度なお手入れでも乱れてしまいます。

本来自然に剥がれ落ちるはずの角質を無理にはがすようなピーリングや、こするような乱暴なケアを繰り返すと、肌構造を保つため28日間をかけずに急激に細胞を押し上げる必要が出てきます。

これも一つのターンオーバーの乱れの原因です。若い方でもターンオーバーが乱れている方が増えているのは、これが原因のことが多いともいわれています。

こすったり、強い力でのスキンケアをさけ、無理に角質を落とすような強い成分の入った化粧品はできるだけ控えましょう

また、細胞がしっかりと生まれ変わるためには睡眠も非常に重要です。成長ホルモンがしっかりと分泌される質の良い睡眠では肌細胞が生み出されるのも適切に行われます。

なるべく就寝前のカフェイン摂取やスマホ使用は避け、リラックスした状態で睡眠をとれるようにしましょう。

内側からのアプローチにビタミンB群や、ビタミンC、亜鉛など肌の新陳代謝を助け細胞の生まれ変わりに効果的な成分を意識して摂取することも重要です。

加齢による細胞老化をとめることはできませんが、上記のような点に注意し、適切な方法をとることで肌のターンオーバーは徐々に正常化していきます。

-スキンケア

Copyright© アテニアクレンジング , 2018 All Rights Reserved.